眼科の名医がいる病院を検索するなら
   白内障や緑内障、網膜剥離や眼瞼下垂、斜視などの治療に定評のある眼科の名医がいる病院
当サイトコンテンツ

 眼瞼下垂がテレビ(ラジかるッ)で取り上げられました
1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~ 高畑敦子さんが眼瞼下垂の手術を行ったことで、眼瞼下垂に注目が集まっています。日本テレビのラジかるッでも紹介され、症状の特徴やセルフチェックの方法についても説明されていました。

あまり一般的には認知されていないところがあるため、眼瞼下垂について広く知ってもらうことは大切なことです。眼科の名医でも、病院にこない人には何もできません。まずは患者さんが、自分で異常に気付くようになれば、早い段階で治療を受けることができるようになるでしょう。

ちなみに、ラジかるッでも紹介されていましたが、一重の人は二重の人よりも眼瞼下垂になりやすい傾向がありますので、注意して下さい。テレビやネットでこうした情報を取り入れることによって、早期発見につながることは、とても有用なことです。

しかしながら、眼瞼下垂かどうかの判断は眼科の専門医に任せるべきであり、自分で確定的に診断することはできません。断片的な情報だけで自己判断を下してしまうと、適切な治療を受ける機会を失うことになりかねませんので、注意してください。

 高畑淳子さんと眼瞼下垂
1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~ 高畑淳子さんが眼瞼下垂の手術を行ったそうです。一般的にはあまりなじみのないものですが、加齢によって増えてくるため、他の方にとっても他人事ではありません。高畑淳子さんはテレビ番組がきっかけで、この症状を発見したそうです。

一般の方でも、瞼が下がってきたと感じたら、眼科に言ってみると症状を発見できる可能性があります。眼瞼下垂は高畑淳子さんに特有のものではなく、老人性の場合であれば、年齢と共に発症するリスクが高まっていきます。

もっとも、赤ん坊のうちに発症することもありますので、高齢者のみのものではありません。高畑淳子さんは眼瞼下垂を手術し、無事に女優業に復帰したということです。もし心当たりがあるようなら、まずは眼科の専門医に相談してみましょう。そのうえで、やはり手術が必要かどうかを検討しましょう。

高畑淳子開閉困難まぶた手術しドラマ撮影
10月8日9時52分配信 日刊スポーツ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081008-00000009-nks-ent
 女優高畑淳子(52)が、まぶたの開閉が困難になる障害「眼瞼(がんけん)下垂」を患い、7月に手術を受けていたことが7日までに分かった。当時、渡哲也(66)の妻役で出演するテレビ朝日系ドラマ「告知せず」(11月15日午後9時放送)の撮入が約2週間後に迫っていたが、高畑は「女優生命の危機」と考えて手術に踏み切ったという。放置しておくと額にしわができやすくなり、顔面の老化が進行していたからだ。
 50歳を過ぎて前兆が出始めた。首や肩のこりがひどく、倦怠(けんたい)感に悩まされた。それが、6月に収録参加したビートたけし司会の健康番組で障害と発覚。7月9日に手術を受け、目を二重に沿って切開し「古いパンツのゴムのように伸びた」(高畑)筋肉と神経を治療した。同16日に抜糸したが、左目が「出目金」のように腫れ、降板も申し入れた。しかし「こんな台本にめぐり合えることは少ない」と決意。撮影を乗り切り「役柄と同じがんで亡くなった親友の深浦加奈子さんのためにも、この作品を伝えたい」と話した。




copyright © 2005 眼科の名医がいる病院を検索するなら all rights reserved.